2012年06月17日

【報告】~素敵びととほずみめしを堪能する~

「さざほざ」独立の日に、開催しました「~素敵びととほずみめしを堪能する~『昭和の記憶と震災の記録』 」

まくろび庵時代からのお客さま、
魔女のまちづくり仲間、など、14名に参加いただき、


特定非営利活動法人20世紀アーカイブ仙台
 副理事長 佐藤正実さん

リージョナルデザイン株式会社(愛媛県)
 代表取締役 安孫子尚正さん

のお話しを、

マイルストーン 八矢浩さんのナビゲートで伺いました。


東北の昭和30年代の画像と、
愛媛の昭和30年代の画像。

場所が違うのに、「時代」の「色」は共通していて、
あぁ、あの時代の暮らしって、こうだったんだな、と、
普遍化しておもんばかることができます。

先代の暮らしの息吹を、いま、時を超え、地域を越え、
感じることができる、、、
そこから、自分達の暮らしのあり方を見直すことができる、
というのが、記憶を記録していく意義なのだと、実感しました。

いま、震災のあと、私達がどう暮らしてきたか、どう生きたか、という記憶を
記録として残すことは、次世代に、後世に、伝えるために必要なんだな、
と、改めて思いました。

会のようすは
佐藤さんがブログにアップしてくださいましたので
「こちら」からご覧ください。



同じカテゴリー(車座座談会)の記事
 【ご案内】観光から復興を考える車座座談会 (2012-06-20 13:09)


削除
【報告】~素敵びととほずみめしを堪能する~